FC2ブログ

弁理士試験-H25問6枝3 (2013.06.19)

H25問6枝3

H25、6の枝3について - nayuta
2013/06/16 (Sun) 23:21:40
H25短答の解説ありがとうございます。6問目の枝3ですが、本枝も含め本問は国際商標登録出願は関係ないように思います。本枝は新たな出願が分割の場合、優先権証明書は不要、ということを言いたいようです。いかがでしょうか?


Re: H25、6の枝3について - 管理人
2013/06/17 (Mon) 11:54:28
本問は、「(ハ) 新たな商標登録出願についてパリ条約による優先権を主張しようとする者は、優先権主張の基礎となる出願がなされたパリ条約同盟国が発行する優先権証明書を必ず提出しなければならない。」
ですが、
問題文に「マドリッド協定の議定書に基づく特例は考慮しないものとする。」とあるので、ご指摘の通りですね。

御指摘ありがとうございます。
早々に修正します。

【関連記事】
「短答試験の合格者数が2012年から7割減」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H25年短答試験問13」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : H25問6枝3 弁理士 商標

弁理士試験-予備校利用と独学について (2013.06.19)

予備校利用と独学について

予備校利用と独学について - 青本
2013/06/16 (Sun) 07:04:43
直球で質問します。予備校に通わなくても合格できますか?
(独学の弁理士講座というタイトルなのに、こんな質問で失礼いたします。)

というのも、先日ひょんなことからLECの講師の方と話す機会がありました。
その際に、「12月までは地力をつけるために、これまでの答練の復讐と、青本と条文の読み込みをする予定です。1月からは答練を受講しようと思います。」と話したところ、

「そんなんじゃダメだよ。LECに通わないと合格できないよ!今の君の実力じゃ来年も同じ結果になるよ。」
「短答試験は50点、4法は8割~9割とらないと論文には合格できないよ。僕の講座がお勧めだから是非受講してみてよ。」
「来年か再来年から短答が120問になるよ。それを一人で対応するの?」
「合格する人は皆それなりの自己投資をしているし、LECを受講しているよ。」
等々、一方的にまくしたてられました。

私が12月までは予備校を受講しないと決めたのは、以下の理由によります。
①去年まで受講していた講座の復習が完全ではないこと。
②あまり講座を取りすぎても、消化不良になることは目に見えているため。
③金銭面の負担
④家族との時間(妻との二人暮らしです)

予備校はLECが一番良いと思っているので、答練等はLECにしようと思っているのですが、その講師の方の言い方は少なからずショックでした。
なんといか、すごい営業力。LECに通わないと合格できない!という脅迫のようにも感じました。言いたくはありませんが、詐欺みたいだな・・・と。

そこで一行目のような質問をした次第です。


私は三振しておりまして、今年の短答は36点(特実14点、意7点、商7点)で不合格でした。

これからの勉強方法としては、来年の口述までの合格を見据えて、12月までに
①条文の要件・効果・青本記載の趣旨についての読み込み
(短答、口述だけでなく、論文対策になると思っています。)
②去年までのLEC、吉田ゼミの論文答練の復習
(去年は復習しきれてなかったので、消化不良に終わっていました。)
③論文の過去問との闘い(良問揃いだと思います。)
④短答対策を少しずつ
を予定しています。

確かに一人で勉強していては怠けてしまったり、情報が入らなかったり、不安になったりします。
予備校に通うと最新の試験対策を受けられるメリットもあると思います。

でも結局、勉強するのは自分自身。
そう思うと、予備校だけが合格するための方法では無い気がします。

私の考えは甘いのでしょうか?

長くなり申し訳ありません。
管理人さんのご意見を伺いたく思います。

以上よろしくお願いします。


Re: 予備校利用と独学について - 管理人
2013/06/16 (Sun) 14:32:51
当サイトでは独学を推奨してはいませんので、お気になさらずに。
あと、LECでなくても合格はできます。
(個人的にはLEC押しですけどね)

さて、短答試験だけなら独学でも十分合格可能だと思います。
実際に、そういう方から合格報告も受けています。
ただし、時間はかかります。
受験機関を利用した場合の倍くらいはかかるでしょうか。

青本さんの場合、今年36点ということは十分合格を狙える実力だと思いますので、独学も立派な手段でしょう。
なお、論文と短答の点数とは関係ないです。
まったく別物の試験だと考えて結構だと思います。

一方、論文試験は・・・独学での合格はほぼ不可能だと思います。
答練などを受講されることをお勧めしますが、1年合格を狙うなら来年2月までには論文の勉強を終了させ、それ以降は短答に取り組むことをオススメします。

なお、話を聞いている限り、一番の問題はスケジュール(勉強時間の確保も含めて)だと思います。
ご自身で勉強計画を立てて実行できないのであれば、受験機関が最良の方法だと思います。


【関連記事】
「受験機関の講師の評価」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H25年短答試験問13」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 予備校利用と独学について 弁理士試験

最新記事
ブログ村ランキング
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第20版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事