FC2ブログ

弁理士試験-国際出願と特39条 (2013.06.17)

国際出願と特39条

国際出願と39条の関係 - 論文受験者
2013/06/14 (Fri) 12:56:25
以前同じような質問をしましてご回答ありがとうございました。
少し問題は変わるのですが、日本を指定国に含む国際出願A(発明イ)をX国に適法に行った後、適法にパリ条約に基づく優先権主張をして日本に特許出願B(発明ロ)をした場合、LECの回答では特許出願Bの29条1項等の基準が国際出願Aの日になるため、両出願は39条2項の同日出願として拒絶理由通知を受けるとあるのですが、国際出願と特許出願は39条の対象となるのでしょうか。当該国際出願は日本以外の外国を指定しているので日本の特許法39条の対象にはならないのではないでしょうか。


Re: 国際出願と39条の関係 - 白服 URL
2013/06/14 (Fri) 20:54:55
こんにちは。白服です。

その事例は、国際出願Aを国内移行した(184条の4以下の手続をした)のであれば、39条の先願たりえます。

また、その事例は国内優先権ではないため、国際出願Aのうち日本に移行した出願が、特許出願Bをしたことによって取下げ擬制となることもありません。


なお、
>当該国際出願は日本以外の外国を指定しているので日本の特許法39条の対象にはならない
↑これは誤りです。どこからこのような解釈が出てくるのでしょうか? その出願が39条の対象(先願)になるかどうかは、国際出願が日本に移行されているかどうかにより決まります。


Re: 国際出願と39条の関係 - 論文受験者
2013/06/22 (Sat) 20:24:47
白服様
理解不足で申し訳ありません。
パリ条約に基づく優先権を主張しているので、特許出願Bが日本に行った出願であるため、自動的に国際出願Aは日本以外の国の指定となるのではないでしょうか。
その場合、(パリは別別の国の出願の話であるため)39条の対象とならないような気もするのですが。申し訳ありません。
「その出願が39条の対象(先願)になるかどうかは、国際出願が日本に移行されているかどうかにより決まります。」という箇所をわかりやすく教えていただきたいのですが。、


Re: 国際出願と39条の関係 - 白服 URL
2013/06/22 (Sat) 22:57:17
こんにちは。白服です。

>自動的に国際出願Aは日本以外の国の指定となるのではないでしょうか。

↑これは誤りです。どの条文からこのような解釈が出てくるのでしょうか? 

>その場合、(パリは別別の国の出願の話であるため)39条の対象とならないような気もするのですが。

もちろん、外国で審査されている出願が、日本の39条の先願になるはずはありません。この事例では、国際出願Aが日本に移行された場合に39条の問題が生じうるということですよね。39条は、あくまで日本の審査に係属している出願同士の話です。


ところで、論文受験者さんは、特許法の184条の3~184条の20の規定の役割を理解しているでしょうか?

これらは、PCT出願について、いわゆる国際段階にある出願を、日本の国内段階に繋ぐための規定です。国内移行手続(184条の4以下の手続)が完了すると、以降は通常の国内出願と同様に扱われます。

したがって、国際出願Aを日本に国内移行することが、39条の先願たりうる条件になります。(もちろん、その後、出願を取下げたり拒絶になったりしないという、いわゆる先願の地位を有する必要がありますが。)

これに対し、国際出願Aを日本に国内移行しなかった場合は、日本を指定した分については出願を取り下げたものとみなされますので(184条の4第3項)、39条の先願たりえません。


条文を根拠にして考えましょう。

【関連記事】
「パリ優先と特許要件」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H25年短答試験問12」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 国際出願と特39条 弁理士試験 特許

弁理士試験-特101条1号の読み方 (2013.06.17)

特101条1号の読み方

特101条 - 青本
2013/06/13 (Thu) 05:52:09
101条1号について、「又は」と「若しくは」の掛り方について質問します。

「・・・生産、譲渡若しくは輸入又は譲渡の申出をする行為」とありますが、ここで、間接侵害となるのは「生産」「譲渡」「輸入」「譲渡の申し出をする行為」だと思っています。

これをLEC質問コーナーに聞いたところ、申出をする行為とは、輸入又は譲渡等に係ると言われました。
すると、輸入は侵害行為ではなく、輸入の申出が侵害行為となると思います。

これだと、「又は」と「若しくは」の解釈の仕方が違うのではないかと思います。混乱しています。

基本事項で申し訳ありません。
よろしくお願いします。


Re: 特101条 - 管理人
2013/06/13 (Thu) 11:47:16
「生産、譲渡等若しくは輸入」、又は「譲渡等の申出」と読むので良いと思いますよ。
青本2条の解説にある通りですね。

つまり、「実施」について特2条では、以前は「生産し使用し譲渡し貸し渡し譲渡若しくは貸渡のために展示し又は輸入する行為」と規定されており、輸入は発明の実施の一つとして規定されています。
その後改正され、「・・・輸入又は譲渡等の申出をする行為」という規定になりましたが、意味は変わっていません。
また、特2条でも、「申出」は「譲渡若しくは貸渡し(譲渡等)の申出」の意味です。

【関連記事】
「特101条と輸出」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H25年短答試験問12」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 特101条1号の読み方 特許 弁理士試験

最新記事
ブログ村ランキング
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第20版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事