FC2ブログ

弁理士試験-特163条第1項 (2013.03.01)

特163条第1項

163条第1項 - 短答2年目
2013/02/28 (Thu) 09:48:05
163条第1項の拒絶査定不服審判請求前になされた補正は補正却下されない。
ですが、
拒絶査定不服審判請求前に補正がなされて、それは審査段階で認められ、しかしながら拒絶査定不服審判の過程で該補正に却下の理由が新たに発見された時、補正却下されず拒絶理由通知となる。
で宜しいでしょうか?以前にスッタモンダした時は、
拒絶査定不服審判請求前に、補正がなされたがその審査段階で補正却下されたものは、拒絶査定不服審判の過程で再度補正として提出されたとしても、補正却下されず拒絶理由通知となる。と誤って解釈し、ご迷惑をかけたのではないかと、気が付きました。


Re: 163条第1項 - 管理人
2013/03/01 (Fri) 14:42:33
良いです。
つまり、拒絶査定不服審判請求前になされた不適法な補正が審査段階で看過された場合、拒絶査定不服審判の過程で該補正に却下の理由が新たに発見されたときは、補正却下されず拒絶理由が通知されます。


【関連記事】
「審判請求前の補正違反」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「02/12 オリジナルレジュメ2013年版販売開始」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 特163条第1項 弁理士試験 特許

弁理士試験-商32条と商4条1項10号について (2013.03.01)

商32条と商4条1項10号について

商32条と商4条1項10号の関係について - ユウ
2013/02/28 (Thu) 16:53:57
初めまして。
突然で申し訳ありませんが、質問の場がなく困っていたところ、検索からこのBBSを発見しました。
初学者で見当違いな質問をすることもあるかとは思いますが、どうかよろしくお願いします。

さっそく質問なのですが…

青本32条によると先使用による商標を使用する権利が発生するための周知性の程度について、4条1項10号と同様の周知性を必要としているとあります。
ここで、32条でいう他人の商標登録出願はなぜ4条1項10号で拒絶にならないのでしょうか。10号が両時判断ということで出願時に周知性があり、査定時に周知性がなくなった場合を考えたのですがいまいちピンとこず、何か思い違いをしてしまっているような気がしたので教えていただけると嬉しいです。


Re: 商32条と商4条1項10号の関係について - 短答2年目
2013/03/01 (Fri) 05:39:56
青本の趣旨解説の後半に説明があります。過誤登録の救済規定なのです。ユウさんのおっしゃるように、本来拒絶される筈のものが、誤って登録された場合を想定しています。

あえて無効審判を請求しなくても使用が認められます。特に、5年の除斥期間経過後に効果があります。

と思います。如何でしょうか。


Re: Re: 商32条と商4条1項10号の関係について - ユウ
2013/03/01 (Fri) 07:03:18
そうだったのですね、納得しました。

予備校のテキストを使っていて、青本を引用してあることから重要部分は書いてあり青本を買わなくてよいのではと思っていましたがやはり一通り目を通すことは必要なのですね。


ご回答ありがとうございました。


【関連記事】
「訂正と補正の特許請求の範囲の減縮での相違」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「02/12 オリジナルレジュメ2013年版販売開始」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 商32条と商4条1項10号について 弁理士試験 商標

弁理士試験-請求項の減縮について (2013.03.01)

請求項の減縮について

請求項の減縮について - 初学者
2013/02/27 (Wed) 01:08:02
17条の2 第5項2号の請求項の限定的な減縮補正についてです

請求項1 A+B が記載
明細書 A+B, A+B+C, a+b,A+b,a+B (a,bはA,Bの下位概念) が記載
のとき、最後の拒絶理由通知後の補正(17条の2 第5項2号)で請求項をA+B+Cにはできない、という理解でいいでしょうか?

また、訂正審判(126条)や訂正の請求(134条の2)では、請求項の減縮にかっこ書きの限定要件

(第36条第5項の規定により請求項に記載した発明を特定するために必要な事項を限定するものであつて、
その補正前の当該請求項に記載された発明とその補正後の当該請求項に記載される発明の産業上の利用分野及び
解決しようとする課題が同一であるものに限る。)

が入っていないので、
請求の範囲 A+B が記載
明細書 A+B, A+B+C, a+b,A+b,a+B (a,bはA,Bの下位概念) が記載
のときに、
請求の範囲をA+B+Cとする補正ができる。ということでいいのでしょうか


Re: 請求項の減縮について - 初学者
2013/02/27 (Wed) 01:12:30
最後の拒絶理由通知後の補正は

請求項A+BをA+B+C ×
請求項A+Bをa+b ○ (a,bはA,Bの下位概念)

訂正審判、訂正請求
請求項A+BをA+B+C ○
請求項A+Bをa+b ○ (a,bはA,Bの下位概念)

これでいいのでしょうか?


Re: 請求項の減縮について - 白服 URL
2013/02/27 (Wed) 08:30:25
限定的減縮の補正について、
 請求項A+BをA+B+C ×
 請求項A+Bをa+b ○ (a,bはA,Bの下位概念)
というのは正しいです。

ここで、訂正審判・訂正の請求で、ご指摘の点に鑑みれば、
 請求項A+BをA+B+C ○
 請求項A+Bをa+b ○ (a,bはA,Bの下位概念)
というのは正しい気がするかもしれませんが…

しかし、

権利化前の補正では不可能だったことが、権利化後の訂正では可能である、という考えかたは、筋悪な考え方だと思います。(だからこそ疑問に思われたのかもしれませんが…)

実は、訂正では、補正にない要件が課されています。
126条6項です。
これにより、「+C」の補正は126条6項の「変更」に該当してアウトと思われます。

なお、実務上、最後の拒絶理由通知に対する補正では「明瞭でない記載の釈明」に該当すれば、実質上特許請求の範囲を拡張することも可能です。しかし、訂正では、そのような訂正は126条6項の「拡張」に該当するためアウトです。補正よりも訂正のほうが厳しいのです。


Re: 請求項の減縮について - 管理人
2013/02/27 (Wed) 15:02:41
白服さん
回答への御協力ありがとうございます。

さて、訂正の場合の減縮ですが、審判便覧に記載されているように、発明特定事項の直列的付加(いわゆる内的付加)でなければ補正が認められない特17条の2第5項第2号とは異なり、構成要件の直列的付加(いわゆる外的付加)も認められます(http://p.tl/g2z9)。

ところで、念のための補足しますが、A+B+Cの補正が必ずしも外的付加を意味するものではありません。
試験の問題文で限定的減縮であると記載されていたり、単に「補正された」とのみ記載されて手続きが続いているのであれば、大体は適法な補正という前提ですので注意して下さい。


Re: 請求項の減縮について - 管理人
2013/02/27 (Wed) 15:10:27
蛇足ですが、外的付加の結果、特126条6項の「変更」に該当すれば訂正が認められません。
外的付加が「変更」に該当する可能性が高いかどうかは不明です。


【関連記事】
「訂正と補正の特許請求の範囲の減縮での相違」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「02/12 オリジナルレジュメ2013年版販売開始」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 請求項の減縮について 弁理士試験 特許

最新記事
ブログ村ランキング
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第20版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事