FC2ブログ

弁理士試験-特104条の4と再審の流れ (2013.01.04)

特104条の4と再審の流れ

特許法104条の4 - 短答2年目
2012/12/29 (Sat) 17:38:51
特許法104条の4について教えてください。
短答試験用講座も読ませていただきました。

訴訟の終局判決が確定した後に、無効審決が確定しても、再審にてこれを主張できない

とされています。

蒸し返しになるので、無効審決が確定したとしても、侵害訴訟の再審の理由にはならないということは分かりました。また、不当利得返還請求も出来ないということも何となく分かりました。

この場合、実際にはどのような経過をたどるのですか?

①無効審決の確定を受けて、訴訟を上告する。この場合、訴訟が地裁での判決なら、高等裁判所で差し戻しがされるのですか?その場合の根拠条文は104条の3になるのですか?

あるいは、

②上告をするまでもなく、104条の3により、権利行使ができないということで決着するのですか?

また、

③短答試験用講座にありましたように、不当利得返還請求などをすることは出来ない。
これに加えて損害賠償請求をされることもない。
ということでしょうか?
損害賠償として払ってしまったお金は戻ってくるのでしょうか?

④無効審判は違う理由があれば、別途請求できると思います。最初の無効審判請求で負けで審決が確定して(特許有効)、侵害訴訟でも負けて、損害賠償をしたとします。この後、二回目の無効審判請求で勝って審決が確定した(特許無効)の場合にはどうなりますか?損害賠償で払ったお金(不当利得?)は取り戻せるのですか?

すみません、宜しくお願いします。


Re: 特許法104条の4 - 管理人
2013/01/04 (Fri) 21:44:48
まず念のために確認しますが、終局判決が確定した状態についてはご理解頂けているでしょうか?
判決が確定した状態とは、簡単に言えば不服申立て方法がなくなった(上告等ができなくなった)状態を言います。

さて、ちょっと質問の前提が分からないのですが、仮に無効審決の確定を受けて、地裁に再審を請求し、さらに上告したという前提で回答します。
この場合、再審事由がないので、高裁で棄却決定されます(民訴345条)。

当然、確定判決が取り消されることもありませんので、それを前提とする不当利得返還請求等はできません。

なお、④については、再審理由の制限と無効審判の一事不再理(特167条)を混同しているものと思われます。
ちなみに、二回目の無効審判で勝って審決が確定したとしても、再審理由にはなりませんので(特104条の4第1号)、確定判決の取り消しも、その後の不当利得返還請求もありません。

すみませんが、質問の前提となる事項の確認をお願いします。
なお、民事訴訟に絡む辺りは、理解が難しいようでしたら条文のみ覚えればよいかと思います。


Re: 特許法104条の4 - 短答2年目
2013/01/05 (Sat) 11:37:38
管理人様

終局判決の確定
の意味を間違えていました。単に、その階層の判決が出ていると思っていました。そうではなくて、上告が出来なくなった状態なのですね。

青本のラストにあるように

侵害訴訟の過程で無効抗弁や訂正の再抗弁といった攻撃防御を尽くす機会と権能が与えられている

ので、無効審判が確定したからといって蒸し返すな。文句を言うな、言う前に訴訟で頑張るべきだったのだ。
払ったお金なども戻らない。

ということですね。

そして、ブログのリンク先で述べられているように、
無効審判で無効が確定しているので、
将来については自由に実施出来るということですね。

正しいですか?

正しい、間違いとかの一言の返信を頂けるとありがたいです。

ありがとうございました。


Re: 特許法104条の4 - 管理人
2013/01/05 (Sat) 20:58:17
正しいです。

なお、将来についての自由実施ですが、損賠訴訟終結後のライセンス契約時に「特許が無効になってもライセンス契約は有効である」旨の取り決めを交わすことで、相手方の自由実施(ライセンス料の不払い)を防止するのが一般的であると思われます。

【関連記事】
「特104条の4について」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「H24短答試験問い33-36」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 特104条の4と再審の流れ 弁理士試験 特許

弁理士試験-先出願による通常実施権と商標 (2013.01.04)

先出願による通常実施権と商標

先出願はなぜ商標にはないのか - 短答2年目
2012/12/29 (Sat) 13:51:14
単純な質問で恐縮です。

意匠法では、
A、A'、A''、A'''と出願された場合、
昔はA'はAで否定され、A”はA'で否定され、ブラックボックス化して登録されなかったのに対して、
先出願の制度ができたことから、A"は登録されて、A’に先出願による通常実施権が設定されたと理解しています。

まず、これは正しいでしょうか?

次に、本題ですが、

なぜ、
商標法においては
先出願の使用権のようなものがないのですか?

商標では、禁止権の延長で、
A, A', A", A"'のように拒絶したとしても
公開制度があるので、ブラックボックスにはならないので、
元のまま制度がいじられていないのでしょうか?

4条1項11号は、先願の登録商標(と同一)または類似する商標は登録不可
となっていますので、もともとA'はAにより拒絶されるが、A"は登録されると考えて宜しいのでしょうか?

基本的な質問ですが、宜しくお願いします。


Re: 先出願はなぜ商標にはないのか - 管理人
2013/01/04 (Fri) 20:23:08
まず、ブラックボックス化の件は先後願(意9条)の話ではなく、意66条3項の話です。
後で確認して下さいね。

さて、A"が登録されるようになった理由は、先出願の制度ができたからというよりも、青本に書いてあるように拒絶査定確定出願の先願の地位が消滅するようになったからです(意9条3項)。
そして、先出願による通常実施権が設けられた理由は、A"が登録された場合に、先使用による通従実施権(意29条)が認められないときに、先願に係る拒絶査定確定出願の実施が制限されないようにするためです。
これにより、青本に書いてあるように、自らは意匠登録を受けることはできないながらも他人の許諾を得ることなく実施することが可能であるという期待権を保護しています。

次に商標法の話ですが、未登録周知商標Aがある状態で、A', A''の順で出願され、且つAとA'が類似し、A'とA''も類似すると共に、AとA''が非類似であるという前提でお答えします。
この場合、商4条1項10号のみを考えれば、A'は拒絶されますが、A''は未登録周知商標Aと非類似なので登録されます。
ここで、上記期待権について考えると、未登録周知商標Aが商標登録出願されればA'は使用できなくなりますので、そもそも期待権が発生しません。
よって、商標法には先出願の使用権のようなものがないものと思われます。

ところで・・・質問の前提がめちゃくちゃです。
意29条の2は、意匠権の設定登録がされていない公知意匠又はこれに類似する意匠の存在によって拒絶された場合の規定です。
よって、登録意匠Aがあれば、意匠A’は実施できません(これも青本に書いてある通りです)。
つまり、期待権の保護という意29条の2の上記趣旨を考えれば、商標Aの登録可能性に基づいて質問の答えを導き出せると思います。

なお、意29条の2と同様の事例を商標法で考えるならば、未登録周知商標によって拒絶された事例が前提となります。
疑問に感じたときには、まずその前提が正しいか否かよく検討して下さい。


【関連記事】
「意29条の2について」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「H24短答試験問い33-36」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 先出願による通常実施権と商標 弁理士試験 商標 意匠

最新記事
ブログ村ランキング
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第20版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事