FC2ブログ

弁理士試験-意29条の2について (2013.01.02)

意29条の2について

その意匠について(29条の2) - 選択受験者
2012/12/27 (Thu) 15:12:43
意匠法29条の2について質問します。次の理解で良いのでしょうか。1.「公知Aにより甲は出願した意匠Bが拒絶査定を受けた。その後、乙がAに非類似であるがBに類似する意匠Cの出願を行い登録された。ここで甲は乙の出願の登録の際に「登録意匠C又はこれに類似する意匠C’を実施等」していた場合、甲は当該C又はC’に関して通常実施権を有する。」。2.それと、29条の2第1号の「・・当該意匠登録出願に係る意匠の実施である事業をしている者又はその事業の準備をしている者であること。」の意匠はC又はC’という理解で良いのでしょうか。。


Re: その意匠について(29条の2) - 管理人
2013/01/02 (Wed) 19:34:34
意29条の2第1号に「当該意匠登録出願に係る意匠」と記載されているように、甲が、自己が出願した意匠Bに類似する意匠C又はC'を実施していても、先出願による通常実施権は生じません。
また、2については出願した意匠Bという意味です。


Re: その意匠について(29条の2) - 選択受験者
2013/01/03 (Thu) 16:01:53
ありがとうございます。つまり、拒絶されたBを実施していた場合のみ、当該Bについてのみ通常実施権を有するということですね。


Re: その意匠について(29条の2) - 管理人
2013/01/03 (Thu) 17:15:19
そうです。


Re: その意匠について(29条の2) - 短答2年目
2013/01/04 (Fri) 11:10:58
追加の質問をさせてください。

短答講座の29条、29条の2の解説を読みなおしてみまして、
分からなくなってきました。

甲:Aは登録意匠
乙:BはAに類似で拒絶された意匠
丙:CはBに類似だがAに非類似で登録された登録意匠

先使用と先出願との違いに関連してです。

<先使用>

丙のCが出願される際、現に、
乙がBの事業などをしている(29条)、

質問①

今現在(通常実施権の設定時に)、
乙が実施等をしている

必要はありますか?ありませんか?


<先出願について>

29条の2の第1号ですが、下の二つの解釈のうち
どちらが正しいですか?

先出願とは
(1)
丙のCが設定登録される際、現に、
乙がBの事業などをしていて(29条の2柱)、
丙のCの出願の日前に乙が出願をしていて、
今現在(通常実施権の設定時に)(29条の2第1号、
乙が実施等をしている

(2)
丙のCが設定登録される際、現に、
乙がBの事業などをしていて(29条の2柱)、
丙のCの出願の日前に乙が出願をしていて、
丙のCの出願の日前に
乙が実施等をしている

条文から素直に読める(2)を正しいとすると、先使用が優先ですので、先出願が有効となるのは、
いったん事業を止めて、丙の登録時に再開しているような特殊なケースに限られるように思うのですが。
講座を読ませていただきますと、(1)が正しいように思えます。

すみません、宜しくお願いします。


Re: その意匠について(29条の2) - 管理人
2013/01/04 (Fri) 12:09:44
先使用(意29条)の場合は、今現在、事業又はその準備を一時的に中止していたとしても、先使用権は消滅しません。
但し、今現在、廃止していた場合は先使用権の放棄と考えられるので先使用権は消滅します。

また、意29条の2第1号は、「後願の出願から設定登録の間に開始した実施等を対象とするものであり、出願前の実施に対しては、先使用権で対応する」ものです。
したがって、どちらかといえば(1)が正しいです。

なお、条文は以下のように読みます。
「その意匠登録出願の日前に、自らその意匠又はこれに類似する意匠について意匠登録出願をし(た者であり)、当該意匠登録出願に係る意匠の実施である事業をしている者又はその事業の準備をしている者であること。」
※カッコ内は管理人注記。


【関連記事】
「意29条と意29条の2について」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「お休み」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 意29条の2について 弁理士試験 意匠

弁理士試験-類似範囲と禁止権 (2013.01.02)

類似範囲と禁止権

類似範囲と禁止権 - 短答2年目
2012/12/23 (Sun) 18:11:01
禁止権の範囲は、類似範囲よりずっと狭いのでしょうか?
禁止権の範囲=類似範囲ではないのでしょうか?

疑問のきっかけは次のような設問関連です。

商標権が移転された結果、類似範囲にかかる商標権が甲と乙とに属するとします。

ここで、

甲の専用権の範囲での使用により乙の業務上の利益が害されるとき

甲の禁止権の範囲での使用により乙の業務上の利益が害されるとき

甲の類似範囲での使用により乙の業務上の利益が害されるとき

の各々についての混同防止表示請求の対象となるかが異なるようでして、混乱しています。

宜しくお願いします。


Re: 類似範囲と禁止権 - 管理人
2012/12/27 (Thu) 15:08:20
商37条1号の禁止権の範囲=類似範囲と考えて略問題ないですが、複数商標権の類似範囲同士が抵触する場合には、権利行使できないので、そういう意味では違います。

そのため、甲の専用権の範囲での使用により乙の業務上の利益が害されるときは、混同防止表示請求できます。
また、甲の禁止権の範囲での使用により乙の業務上の利益が害されるときは、混同防止表示請求はできませんが差し止めできます。
そして、甲の類似範囲での使用により乙の業務上の利益が害されるときは、甲の使用商標が乙の登録商標なのか否かによって異なります。


Re: 類似範囲と禁止権 - 短答2年目
2012/12/28 (Fri) 05:09:52
どうもありがとうございます。


甲の権利の強さと乙の権利のバランスから

①甲の専用権、乙の禁止権 → 乙から混同防止表示請求
②甲の禁止権、乙の専用権 → 乙から差し止め請求
③甲の禁止権、乙の禁止権 → 双方から混同防止表示請求

で、宜しいでしょうか?

上記のようなことが生じるのは、分割移転が主な原因と考えて宜しいですか?

②ですが、不正使用でなくても、差し止め請求になるのでしょうか?

過誤による登録の場合には、

(1)先願が生き→後願を無効審判請求。
無効が確定するまでは上記の①-③、

(2)先願が別の先願で無効
→先出願の通常使用権が発生し、②の差し止めはなし、混同防止表示請求のみ可能。
通常使用権が発生するまでは①-③

という流れで正しいですか?

宜しくお願いします。


Re: 類似範囲と禁止権 - 管理人
2012/12/28 (Fri) 15:04:25
禁止権の範囲は、事実上使用できるだけであり、使用権が認められているわけではありません。

ですので、以下の通りになります。
①甲が専用権の範囲で使用し、乙が禁止権の範囲で使用した場合→乙は混同防止表示請求できる。
②甲が禁止権の範囲で使用し、乙が専用権の範囲で使用した場合→乙は差し止め請求できる。
③甲が禁止権の範囲で使用し、乙が禁止権の範囲で使用した場合→双方とも差し止め請求できる。

なお、類似範囲の重複は、分割移転以外にも起こり得ます。
例えば、登録商標同士は類似しないが、双方の類似商標が同一である場合などです。

②の差し止めには、不正の目的は不要です。

過誤による重複の場合は、無効・取消が確定しない限り両者が権利行使できます。
混同防止表示請求もできるでしょうが、民法上の請求になるでしょう。

(2)先願が別の先願で無効のケースで使用をする権利が発生するのは、当該先願の先願に対してですので、後願については使用をする権利では対抗できないでしょう・・・というか、後願に対しては準特104条の3で権利行使できない旨を主張すれば足りるでしょう。
なお、仮に後願に無効理由がない場合、後願の禁止権の範囲では類似商標の使用はできないですね。

ところで、商標法上の混同防止表示請求ができる場合をよく見直して下さいね。
信用回復措置請求と混同しているような気がします。
あと、「使用をする権利」と「通常使用権」は別物ですので注意して下さい。


【関連記事】
「商52条の2の取消審判と禁止権」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「お休み」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 類似範囲と禁止権 弁理士試験 商標

最新記事
ブログ村ランキング
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第20版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事