弁理士試験-拡大先願と公開前の審査 (2012.12.27)

拡大先願と公開前の審査

拡大先願と公開前の審査請求 - 短答2年目
2012/12/23 (Sun) 10:33:56
甲が非常に重要な特許を発明したので、出願と同時に審査請求をしたとします。ところが少し前に同一の発明が乙により出願されていたとします。この乙の発明はまだ公開されていません。この場合、
(1)甲の出願は登録される。甲が発明事業開始。
(2)乙の出願が公開される。(ここで29条の2が有効に)
(3)乙が審査請求し、登録される。
(4)甲は無効審判請求されて無効が確定。
(5)甲には中用権が発生。
の流れで宜しいでしょうか?

商標の場合には、15条の3があるので、
(1)甲の出願に対して、乙の先願があるので、4条1項15号により、意見書の提出の機会を与えることができて、拒絶。
の流れで宜しいでしょうか?

初歩的な質問で恐縮ですが、宜しくお願いします。


Re: 拡大先願と公開前の審査請求 - 管理人
2012/12/27 (Thu) 12:21:26
特許については、甲の出願は乙の出願が公開されるまで審査が保留され、公開後に拒絶されます。
(http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/pdf/handbook_shinsa/34.pdf)

商標については御指摘の通りですが、拒絶の条文は商4条1項11号です。


【関連記事】
「青本の特29条の2の記載について」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「H24短答問31-33」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 拡大先願と公開前の審査 弁理士試験 特許

弁理士試験-補正後の公報掲載内容 (2012.12.27)

補正後の公報掲載内容

出願の補正と公開 - 短答2年目
2012/12/23 (Sun) 07:10:15
特許出願をしたところ、秘密事項まで書いて出願してしまったことが発覚したとします。秘密事項を公開せずに済ます方法に関連して質問します。
下記の1)から3)でどれが正しいのでしょうか?
1)秘密事項の部分を削除する補正を行う。→ 手続き補正書が追加されるのみで、当初の願書が公開されるので、無意味?
2)秘密事項の部分を削除する補正を行う。→ 削除された形で公開される。しかしながら、公開請求が他人からされて秘密部分は結局秘密にできない。
3)出願を取り下げることで秘密は保持される。この場合、出願をやり直すことになる。


Re: 出願の補正と公開 - 管理人
2012/12/26 (Wed) 15:01:14
1)は当初の明細書等が公開公報に掲載されるので無意味です。
2)も当初の明細書等が公開公報に掲載されるので無意味です。
3)は公開前であれば有効ですね。


【関連記事】
「公報の掲載内容」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「H24短答問31-33」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 補正後の公報掲載内容 弁理士試験 特許

弁理士試験-専用実施権設定後の実施権許諾 (2012.12.27)

専用実施権設定後の実施権許諾

専用実施権者と通常実施権者 - 短答2年目
2012/12/23 (Sun) 06:54:59
特許権者により許諾された通常実施権者がいたとして、
その後、別の者に専用実施権を設定することはできるのですか?
逆に、専用実施権を設定した後に、特許権者は別の者に通常実施権を許諾することはできるのですか?
できないという法律は無いように思うのですが、できたとしても、専用実施権は実施する権利を専有するので、通常実施権は意味がなくなるのでしょうか?
専用実施権を設定するには、通常実施権者の許諾が必要というような規定もないように思うのですが。
とりとめがなくて申し訳ありません。


Re: 専用実施権者と通常実施権者 - 管理人
2012/12/26 (Wed) 12:19:18
通常実施権を許諾していても、別の者に専用実施権を設定することはできます。
なお、通常実施権者としては、当然対向制度(特99条)の下、実施を継続できれば足りるとも考えられます。

一方、専用実施権が設定されている場合、特許権者は通常実施権を許諾できません。
専用実施権には、通常実施権の許諾をする権利も含まれると考えられるからです。


【関連記事】
「実施権の再許諾」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「H24短答問31-33」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 専用実施権設定後の実施権許諾 弁理士試験 特許

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事