FC2ブログ

ニュース-弁理士試験の最終合格者発表 (2012.11.14)

弁理士試験の最終合格者発表

平成24年度弁理士試験合格発表
平成24年度実務修習の実施に関するお知らせ(特許庁HP)

いまさらですが・・・
本年度の弁理士試験の最終合格者が発表されました。
まずは、合格された皆様、
おめでとうございます。
今後は同じ弁理士として、互いに励み競い合っていきましょう!

また、惜しくも最終合格を逃した皆様、
本当にお疲れ様でした。
近年の口述試験の変化に伴い、
一定数の不合格者が出るのは止むを得ない状況です。
悲観することはありませんので、来年の合格を目指して下さい。

なお、今年度の弁理士試験の結果は以下の通りです。
受験者数  :7,930人(前年8,735人)
最終合格者数:773人(前年721人)

【関連記事】
「商標審査基準の一部改正」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「商標法72-75条」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

tag : 弁理士試験の最終合格者発表 弁理士試験

弁理士試験-パリ条約と外国語書面出願 (2012.11.14)

パリ条約と外国語書面出願

パリ条約 - 選択受験者
2012/11/13 (Tue) 10:46:55
LECの問題でアメリカ人甲が2011/4/15にアメリカ(パリ同盟国)に特出願A(イロ/イロ:クレーム/明細書)を適法して、2011/6/15に日本でイを実施しています。
甲は日本ではイロの特許権を取得することを希望し、特許出願Bをすることを考えている。しかしまだ日本語訳を作成しておらず、現在2012/4/1である。
甲はどのような出願をすべきか。

という質問に対して、回答は「このままでは日本で実施したイにより29条1項から特許取得できない。そこで本来ならば2012/4/15までに日本に対してパリ条約に基づく優先権主張をして日本語で特許出願(イロ/イロ)を行うべきところ、訳を作成する時間がないので日本国に外国語書面出願Bを行い、出願Aから1年2ヶ月以内で日本語訳を提出する」とありました。
私は「パリ条約に基づく優先権主張をして日本国のみを指定した国際出願を行う」と考えました。メリットとして2011/4/15から30ヶ月以内に国内移行手続を行えばいいからです(日本語訳を提出する期間が延びる)。この考え方でいいのでしょうか。それとPCTとパリ条約の関係は単に、PCT出願とは「パリ条約に基づく優先権主張をして国際出願を行う出願」と考えてよいのでしょうか。


Re: パリ条約 - 管理人
2012/11/14 (Wed) 12:22:11
論文でしょうか?
ちょっと雑な設定ですね。

さて、考え方は正しいと思います。
ただし、問題文に「日本語訳を作成しておらず」とあるので、外国語書面出願について触れるようにという出題者の意図は外せないところです。
したがって、PCT出願だけではなく、外国語書面出願についても触れるようにした方がよいでしょう。

また、PCTとパリ条約の関係は、PCT出願が単に「複数国を指定できる出願の束」であり、パリ条約に基づく優先権主張を伴うことができる、というものです。
PCT出願であっても、パリ優先を伴わない場合がありますのでご注意ください。


【関連記事】
「パリ優先とPCT」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「商標法72-75条」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : パリ条約と外国語書面出願 弁理士試験 特許

弁理士試験-秘密意匠(意14条)について (2012.11.14)

秘密意匠(意14条)について

秘密意匠(意14条)について - 1040
2012/11/13 (Tue) 01:35:04
本掲示板で皆さまの質問を刺激に勉強している者です。

子の出願では親の出願以上の利益を享受できないと聞いたことがあるのですが、原出願で秘密意匠を請求していない場合、子の出願でも秘密意匠を請求できないのでしょうか。

お手数ですが、ご教授お願いします。


Re: 秘密意匠(意14条)について - 管理人
2012/11/13 (Tue) 12:35:03
確かに、親の出願以上の利益を享受できないという説明はあります。
しかし、現在では上記説明が通用しないものもありますので、全てに通用する説明ではありません。
例えば、親出願に際して新規性喪失の例外適用の手続を行わずに公開された発明については、発明の公開日から6月以内に分割出願、変更出願又は実用新案登録に基づく特許出願をして例外適用の手続を行えば適用を受けることができるようになっています(発明の新規性喪失の例外規定の適用を受けるための出願人の手引き)。

さて、秘密意匠については、分割、変更又は補正却下後の新出願の場合、出願日が遡及するので、出願と同時に秘密請求することはできません。
但し、いずれも登録料の納付と同時に請求できます(意14条2項)。

【関連記事】
「分割出願における新規性喪失の例外の適用」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「商標法72-75条」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 秘密意匠(意14条)について 弁理士試験 意匠

最新記事
ブログ村ランキング
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第20版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事