弁理士試験-商65条の8と特4条 (2012.11.30)

商65条の8と特4条

商65条の8第1項・第2項の"30日以内"の延長について - 太陽王
2012/11/27 (Tue) 22:45:43
商65条の8第1項・第2項に規定されている"30日以内"の規定には、
遠隔の地の者に対する救済(特4条)は適用されるのでしょうか?
(先日少し書き込ませていただいた件です)

商77条第1項で特4条が読み替え準用されていて、
特121条第1項は商44条第1項もしくは第45条第1項と読み替える
と明記されている。
これは拒絶査定/補正却下決定の謄本から審判の請求まで
ということで納得。

その他の特4条の規定では、
特46条の2第1項第3号→商標にはこの制度はないからこれは準用
しないのだと頭の中で読み替え…
特第108条第1項→商41条1項のことと頭の中で読み替え…
きっと商65条の8第1項・第2項にも適用すると頭の中で読み替え…
特第173条第1項→商61条で特173条が準用されているからこれだなと…

ということで、読み替えが規定されているものと、規定されていない
けれど頭の中で読み替えなければいけないものとを適宜使い分け
ないといけないようですが、読み替えを規定する/しないに
基準みたいなものはあるのでしょうか??


なお、以下拝見させていただきました
http://benrishikoza.web.fc2.com/shohyo/shohyo0656-06510.html
商標法65条の8、第二項のところに
③請求による30日以内の延長期間内
とありますので、冒頭の問いの答えはYesですよね。


以上、よろしくお願いします。


Re: 商65条の8第1項・第2項の"30日以内"の延長について - 管理人
2012/11/30 (Fri) 12:23:40
商65条の8第1項・第2項に規定されている"30日以内"の規定には、遠隔・交通不便の地に対する延長(特4条)は適用されますが、職権延長はされません。
※方式便覧の「手続をする者が在外者である場合」参照
http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/pdf/binran_mokuji/04_10.pdfのでしょうか?

ということで、冒頭の問いの答えはYesですが、実務的にはNoですね。

また、読み替えの基準ですが、特にないです。
準用できないものは読み替えず、類推適用できるものには拡大して読み替えるという位しか・・・。


【関連記事】
「審判請求期間延長と補正」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「お休み」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 商65条の8と特4条 弁理士試験 商標

弁理士試験-特153条3項について (2012.11.30)

特153条3項について

一群の請求項 - 選択受験者
2012/11/25 (Sun) 18:19:28
連続で申し訳ありません。
一群の請求項に関する質問なのですが、クレーム1がa、クレーム2がbでクレーム1,2は一群の請求項とします。ここでクレーム1のみに対して無効審判請求がされ、一群の請求項なのでクレーム1をa1、2をb1と訂正請求したとします。この場合、審決はクレーム1を特許審決、クレーム2を無効審決とできるのでしょうか。一群の請求項なので同じ審決(特許または無効)がされるのでしょうか。また、仮に一群の請求項全体として特許審決となった場合、クレーム1に対してだけ審決取り消し訴訟ができるのでしゅうか。


Re: 一群の請求項 - 管理人
2012/11/30 (Fri) 11:52:09
クレーム2を無効審決とすることはできません。
つまり、審判官は請求の趣旨に記載されていない範囲については審決をすることができません(特153条3項)。


Re: 一群の請求項 - 選択受験者
2012/11/30 (Fri) 21:42:56
ありがとうございます。ということはクレーム1のみ棄却または認容の審決がされるのでしょうか。それともクレーム1,2は一群の請求項なのでまとめて審決されることになると思われるのですがクレーム2はどのように扱われるのでしょうか。


Re: 一群の請求項 - 管理人
2012/12/03 (Mon) 14:49:53
クレーム1のみ棄却または認容の審決がなされます。
無効審判が請求されていない請求項について、審判官が勝手に無効or有効を判断することができないからです。


Re: 一群の請求項 - 短答2年目
2012/12/23 (Sun) 07:39:05
153条の3では、”審判においては、請求人が申し立てない請求の趣旨については、審理することができない。”とあるのに対して、167条の2第1号では、”請求項毎に無効審判の請求がされた場合・・一群の請求項毎に・・訂正請求がされた場合、当該一群の請求項ごと”となっています。クレーム2は、一群の請求項の一つであると審判官が判断し、請求の趣旨の範疇にクレーム2が入ると判断された場合、クレーム2についても無効有効の審決が確定する、ということはありませんか?


Re: 一群の請求項 - 管理人
2012/12/23 (Sun) 22:59:13
ないと思います。


Re: 一群の請求項 - 選択受験者
2013/01/14 (Mon) 17:13:14
年をまたいでの質問申し訳ありません。
まだ管理人さんの解説がよくまとまらないのですが、クレーム2がクレーム1と一群の請求項として一緒に確定しないということになるのでしょうか。すると167条の2第1号はどのような場面が適用されるのでしょうか。


Re: 一群の請求項 - 管理人
2013/01/14 (Mon) 19:35:33
仮にクレーム1が無効だったとします。
その場合、例えば「クレーム1及び2の訂正を認める。クレーム1を無効とする」という旨の審決がでます。
クレーム2の訂正を認めることと、クレーム1の無効審決とは1の審決で行うことができます。


Re: 一群の請求項 - 選択受験者
2013/01/14 (Mon) 21:38:22
ありがとうございました。167条の2第1号における「請求項毎に無効審判の請求がされた場合・・一群の請求項毎に・・訂正請求がされた場合、当該一群の請求項ごと”」に確定するとは、「クレーム1及び2の訂正を認める。クレーム1を無効とする」という旨の審決が確定することであって「一群の請求項ごとにであるがあくまでも無効審判請求されたクレームが審決確定する」ということですね。


Re: 一群の請求項 - 短答2年目
2013/01/15 (Tue) 04:53:48
管理人様、確認させてください。134条の2 第9項についての講座の解説は読みました。まとめますと、
無効審判請求されていない一群のクレーム2の訂正につき審理がされる。
訂正されたクレーム2が独立特許要件を満たす→ 訂正を認める
訂正されたクレーム2が独立特許要件を満たさない(無効) → 訂正を認めない。元のクレーム2についての有効無効の判断はされない。別途元のクレーム2について無効審判請求することが可能。
で正しいですか?


Re: 一群の請求項 - 管理人
2013/01/15 (Tue) 12:20:44
選択受験者さん

お分かりかとは思いますが、念のため。
訂正の効力は、訂正を認容する結論を含む審決が確定したときに効力を生じます。
よって、一群の請求項ごとに訂正の請求がされた場合、その訂正を許容する結論を含む(無効審判が請求されたクレームに対する)審決が確定したときに効力を生じます。
つまり、無効審判が請求されたクレームでなくとも、審決の確定によって訂正の効力が生じます。


短答2年目さん
おっしゃる通りでよいと思います。

【関連記事】
「当事者又は参加人が申し立てない理由」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「お休み」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 特153条3項について 弁理士試験 特許

弁理士試験-特181条について (2012.11.30)

特181条について

181条について - 選択受験者
2012/11/25 (Sun) 13:56:41
特許法181条1項では「無効理由があると認めるときは」審決を取り消して、次項でさらに審理しなければならない(181条2項)と規定されています。これはつまり無効審判請求で棄却審決された特許とされた場合、審決取り消し訴訟で無効であるとの理由で取り消し判決された場合(無効)、さらに無効審判請求に戻って審理されることを規定しています。
これとは逆に無効審判請求で認容審決で無効とされた場合、審決取り消し訴訟で無効でないと判断された場合も、また無効審判請求に元されるのでしょうか。仮にその場合、181条2項でよむのでしょうか。


Re: 181条について - 管理人
2012/11/27 (Tue) 19:38:39
特181条1項では「請求」に理由があると認めるときは、審決を取り消すと規定されています。
よって、無効審判において認容審決で無効とされ、審決取消訴訟で無効でないと判断された場合も、また無効審判に戻されます。

裁判所では、特許を維持するという給付判決をすることができないからです。


【関連記事】
「訂正明細書等の援用」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「お休み」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 特181条について 弁理士試験 特許

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事