重大ニュース-プロダクト・バイ・プロセス・クレームは原則、該製法に限定解釈 (2012.01.30)

プロダクト・バイ・プロセス・クレームは原則、該製法に限定解釈
【宣伝】
ドジ系受験女子の4コマ」と、「メイド弁理士の4コマ」を応援して下さい!

「製法異なる同一物質、特許侵害に当たらず 知財高裁大合議」(日経電子版)
「知財高裁も協和発酵キリンのテバ特許侵害認めず、成分同じでも製法異なる」(知財情報局)


協和発酵キリンが製造販売する治療薬について、
テバ ファーマスーティカルの関連企業が製造販売の差止め等を求めた訴訟で、
知財高裁は、
製法が異なり特許権侵害にはあたらないと判断し、
原告の請求を棄却した一審判決を支持し、控訴を棄却したそうです。

これによって、長年の議論に一応の結論がでたかもしれません。
すなわち、
プロダクト・バイ・プロセス・クレームの技術的範囲は、当該製造方法により製造された物に限定解釈される。
ということですね。
※今後、最高裁でひっくり返る可能性はありますが・・・。

以下、大合議の判決(平成22(ネ)10043)解説です。

本事件について、大合議では、
『特許請求の範囲として記載されている特定の「文言」が発明の技術的範囲を限定する意味を有しないなどと解釈することになると,特許公報に記載された「特許請求の範囲」の記載に従って行動した第三者の信頼を損ねかねないこととなり,法的安定性を害する結果となる。』
ことを理由に、
『特許発明の技術的範囲を確定するに当たっては,「特許請求の範囲」記載の文言を基準とすべきである』
と判断されました。

その上で、
『「物の発明」に係る特許請求の範囲にその物の「製造方法」が記載されている場合,当該発明の技術的範囲は,当該製造方法により製造された物に限定されるものとして解釈・確定されるべきであって,特許請求の範囲に記載された当該製造方法を超えて,他の製造方法を含むものとして解釈・確定されることは許されないのが原則である。』(不真正プロダクト・バイ・プロセス・クレーム)
と判示しています。

また、例外的に、
『物の構造又は特性により直接的に特定することが出願時において不可能又は困難であるとの事情が存在するときには,その物の製造方法によって物を特定することも許される。』(真正プロダクト・バイ・プロセス・クレーム)
と判示しています。
※真正プロダクト・バイ・プロセス・クレームの発明の技術的範囲は,「特許請求の範囲に記載された製造方法に限定されることなく,同方法により製造される物と同一の物」と解釈される。

この点、本事件においては、
『「物の特定を直接的にその構造又は特性によることが出願時において不可能又は困難であるとの事情」は存在しないから,その技術的範囲は,本件製法要件によって製造された物に限定される。』とし、
本件発明の製法要件の一部を充足しない被告製品は、本件発明の技術的範囲には属さないと認定しました。

※原審(平成19(ワ)35324)では、
『本件特許の優先日当時,本件各発明に開示されているプラバスタチンナトリウム自体は,当業者にとって公知の物質であったと認められる。そして,本件特許の請求項1に記載された「物」である「プラバスタチンラクトンの混入量が0.5重量%未満であり,エピプラバの混入量が0.2重量%未満であるプラバスタチンナトリウム」の構成は,その記載自体によって物質的に特定されており,物としての特定をするために,その製造方法を記載せざるを得ないとは認められない。』及び
『被告製法において,「プラバスタチンの濃縮有機溶液」を形成する工程があるとは認められない。』
と認定しています。


さらに、特104条の3のいわゆる無効の抗弁の成否を判断する前提となる発明の要旨の認定に付いて、以下のように判断しています。

『プロダクト・バイ・プロセス・クレームの場合の発明の要旨の認定については,
①真正プロダクト・バイ・プロセス・クレームの発明の要旨は,特許請求の範囲に記載された製造方法に限定されることなく,「物」一般に及ぶと認定される。
②不真正プロダクト・バイ・プロセス・クレームの発明の要旨は,記載された製造方法により製造された物に限定して認定される。』

※関連訴訟(平成20(ワ)16895)では、
無効審判事件においてされた訂正の請求が確定していない状況において、以下のように判断しています。
『このような場合において,特許法104条の3第1項所定の「当該特許が無効審判により無効にされるべきものと認められるとき」とは,当該特許についての訂正審判請求又は訂正請求に係る訂正が将来認められ,訂正の効力が確定したときにおいても,当該特許が無効審判により無効とされるべきものと認められるか否かによって判断すべき』
及び、『原告は,被告が,訂正前の特許請求の範囲の請求項について無効理由があると主張するのに対し,①当該請求項について訂正審判請求又は訂正請求をしたこと,②当該訂正が特許法126条又は134条の2所定の訂正要件を充たすこと,③当該訂正により,当該請求項について無効の抗弁で主張された無効理由が解消すること,④被告製品が訂正後の請求項の技術的範囲に属すること,を主張立証することができ,被告は,これに対し,⑤訂正後の請求項に係る特許につき無効事由があることを主張立証することができる』

そして、
適法な訂正であることを認めつつ、
訂正発明は,従来発明と技術常識とを組み合わせることによって,当業者が容易に発明をすることができた、
(無効理由が解消していない)
として、無効の抗弁(特104条の3)を認め、非侵害という判断をしています。

【関連記事】
「久しぶりの大合議」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「お休み」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

tag : プロダクト・バイ・プロセス・クレームは原則 該製法に限定解釈 特許 訴訟

ニュース-中国電力が被災地に特許の無償許諾 (2012.01.27)

中国電力が被災地に特許の無償許諾
【宣伝】
ドジ系受験女子の4コマ」と、「メイド弁理士の4コマ」を応援して下さい!

「中国電、東北に特許無償提供 復興支援後押し」(電気新聞)
「中国電力、東北3県の被災企業に保有特許を無償許諾」(日経電子版)
「被災企業に特許無償提供=震災復興を支援―中国電」(朝日新聞)


中国電力は、
東日本大震災の復興支援のため、
自社が保有するほぼすべての特許を無償で使用可能とする
「包括ライセンス契約」 を東北活性化研究センター と締結したそうです。

報道資料によると、
契約の概要は以下の通りです。
(1)契約内容
財団法人東北活性化研究センターへ,被災企業等に対し無償で当社特許の通常実施権を設定する権利を付与
(2)対象地域
岩手県,宮城県,福島県
(3)契約期間
契約締結日から平成25年3月31日まで。ただし両者別段の意思表示が無い場合は,最長平成29年3月31日まで延長
(4)契約特許
1,460件(当社保有特許 平成23年12月末現在)

弁理士会でも橋渡しのアイディアが出ていたけど、
結局実現されなかったのかなぁ・・・。

【関連記事】
「弁理士にできること」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「お休み」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

tag : 中国電力が被災地に特許の無償許諾 特許

弁理士試験-特184条の4第2項 (2012.01.27)

特184条の4第2項
【宣伝】
ドジ系受験女子の4コマ」と、「メイド弁理士の4コマ」を応援して下さい!

特許法について - BOND
2011/12/25 (Sun) 11:30:38
184条の4で、国内書面提出期間は1項の外国語特許出願では翻訳文提出特例期間をさすとあります。
出願審査請求も翻訳分特例期間内であれが可能?
4項の、1年以内というのも特例期間の経過後1年以内?
よろしくお願いします。


Re: 特許法について - 管理人
2012/01/10 (Tue) 20:39:47
そもそも特184条の4第2項では、「国内書面提出期間は1項の外国語特許出願では翻訳文提出特例期間をさす」とは規定していません。
同項では、「国内書面提出期間内、又は翻訳文提出特例期間内(国内書面提出期間の満了前二月から満了の日までに国内書面を提出した外国語特許出願の場合)」に翻訳文の提出がなければ取下げ擬制される、と規定しています。
よって、同4項の「国内書面提出期間の経過後一年以内」も、文字通りの意味であり、翻訳文提出特例期間の経過後一年以内という意味ではありません。

なお、出願審査の請求は、翻訳文提出後でなければできません(特184条の17)。


【関連記事】
「国内処理基準時に関する質問」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「お休み」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 特184条の4第2項 弁理士試験 特許

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事