FC2ブログ

弁理士試験-特121条2項の不責事由による追完方法 (2010.05.22)

特121条2項の不責事由による追完方法

特許法121条について - BOND
2010/05/20 (Thu) 14:36:40
全く初歩的な質問です。121条2項の追完規定ですが、
これは長官に請求するものでないとすると、手続きはどのようになるのですか?単に請求するにしても、誰に?どのように?証明書はいるのでしょうか?お教えください。
追完が許可された場合、「3月」の請求期間が4条で延長された場合、その延長された期間に請求できなかったときにも追完規定は適用されるのでしょうか。


Re: 特許法121条について - BOND
2010/05/20 (Thu) 23:08:19
4条で延長された時の話は、管理人様の短答試験講座で解決できました。手続きだけ お教えください。


Re: 特許法121条について - 管理人
2010/05/22 (Sat) 12:56:27
特121条2項の不責事由による追完については、特定の手続きを取る旨の資料を発見できませんでした。
この点、仮に特定の手続きを取らなかったとしても、不責事由が認められれば審判請求も認められます。
よって、仮に不責事由を主張するのであれば、審判請求書の請求の理由中で述べると共に、証拠を提出するか、上申書と証拠を別途提出するものと思われます。

なお、必要であれば、特許庁に問い合わせれば分かると思います。

【関連記事】
「審判請求期間延長と補正」

本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「お休み」です。


管理人応援のために↓クリックお願いします。
  にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
 弁理士ブログランキング
  
 ブログ王ランキング


↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 特121条2項の不責事由による追完方法 弁理士試験 特許

弁理士試験-指定商品・役務毎の取消審判請求 (2010.05.22)

指定商品・役務毎の取消審判請求

商標法69条について - コンラ
2010/05/19 (Wed) 15:45:46
基本的な質問ですみません。
69条の規定の中に54条が含まれていますが、
これは取消審決が確定したら、商標権の該当指定商品役務だけが消滅するということでしょうか?
しかし53条等の解説には「指定商品毎に請求することはできない」とあり、よくわからず混乱しています。ご教授ください。
どうぞよろしくお願いします。


Re: 商標法69条について - 管理人
2010/05/22 (Sat) 11:22:13
取消審決が確定したら、商標権の該当指定商品役務だけが消滅することがあります。
例えば、商50条1項の取消審判は、指定商品・役務毎に請求できます。
これが商54条2項です。
そして、商53条の2の取消審判についても、指定商品・役務毎に請求できると解されます(網野)。
これが商54条1項です。

【関連記事】
「商52条の2の取消審判と禁止権」

本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「お休み」です。


管理人応援のために↓クリックお願いします。
  にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
 弁理士ブログランキング
  
 ブログ王ランキング


↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 指定商品・役務毎の取消審判請求 弁理士試験 商標

弁理士試験-放棄後の異議申立 (2010.05.22)

放棄後の異議申立

商標法の異議申立について - BOND
2010/05/20 (Thu) 16:59:13
商標権が放棄された後に、商標登録異議申立がなされた場合の扱いはどのようになるのでしょうか?
商標権が放棄されると、その後消滅し、異議申立が理由ありとして、商標権が取り消されると、初めからなかったものとされるので、異議申立は不適法なものとしては扱われないと思うのですが・・・・・よろしくお願いいたします。


Re: 商標法の異議申立について - suzuka2007
2010/05/21 (Fri) 00:06:35
商標法審査基準によれば

二 その商標登録が条約に違反してされたこと。 2.登録異議の申立て. (1)何人も商標登録が商標法第43条の2各号の一に該当することを理. 由として、登録異議の申立てをすることができる。 ただし、商標権の消滅(商標権の放棄を含む。 とあります。
66- 01
商標登録異議申立ての手続お参照ください。ご参考になれば幸いです。ネット検索でも疑問は解消することが多いようです。


Re: 商標法の異議申立について - suzuka2007
2010/05/21 (Fri) 00:12:16
追記、
商標法第43条の14で、135条の審決却下の条文が準用されています。


Re: 商標法の異議申立について - BOND
2010/05/21 (Fri) 06:36:49
ありがとうございました。審判便覧までは気がつきませんでした。


Re: 商標法の異議申立について - 管理人
2010/05/22 (Sat) 00:54:31
suzuka2007さん、ありがとうございます。
なお、対応箇所には、「商標権の消滅(商標権の放棄を含む。)後においては登録異議の申立てをすることはできないと解される。」と記載されています。
(http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/pdf/sinpan_binran/66-01.pdf)


【関連記事】
「却下と決定による却下の違い」

本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「お休み」です。


管理人応援のために↓クリックお願いします。
  にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
 弁理士ブログランキング
  
 ブログ王ランキング


↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 放棄後の異議申立 弁理士試験 商標

最新記事
ブログ村ランキング
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第20版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事