FC2ブログ

ニュース-特許庁が審査請求料等の引き下げを検討 (2010.05.13)

特許庁が審査請求料等の引き下げを検討

特許庁、審査料引き下げ検討 中小の出願条件撤廃も(SankeiBiz)

特許庁が、
特許料金の引き下げや減免制度の拡充を検討するそうだ。
特許の出願件数が落ち込んだため、
早期に新料金をまとめ、特許法を改正したいとのこと。

また、資本力に乏しい個人や法人、
中小企業などに設けられた特許料金の減免制度も、
変更するという。

料金の引き下げはいいけど、
出願件数は伸びるか疑問。
中小企業向けの減免措置拡大は、
大賛成。
早くやって欲しい。
特に、審査請求料が高い。

【関連記事】
出願数減は不況の影響

本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「商標法65条の7」です。


管理人応援のために↓クリックお願いします。
  にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
 弁理士ブログランキング
  
 ブログ王ランキング


↓弁理士試験ならLECオンライン↓  Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

tag : 特許庁が審査請求料等の引き下げを検討 知財コンサル

弁理士試験-実用新案登録出願への協議命令 (2010.05.13)

実用新案登録出願への協議命令

実用新案法11条2項について - BOND
2010/05/09 (Sun) 10:30:07
また、初歩的な疑問です。実用新案法11条2項では「特許法34条1項2項4項~7項を実用新案登録を受ける権利に準用しています。ところで、特許法34条2項を実用新案を受ける権利に読み替えると「同一の者から承継した同一の実用新案登録を受ける権利について同日に二以上の実用新案登録出願があったときは、実用新案登録出願人の協議により定めた者以外の者は第三者に対抗できない」となります。
ここで疑問なのは、① 実用新案登録出願人の間で協議がなされるのか? ② 事実上の協議にすぎないとすると、実用新案法11条2項で特許法34条7項を準用しており、この7項には特許法39条7項、8項の規定は34条2項に準用するとなっているため、長官は協議の結果を届け出る旨を命じなければならないという規定が適用されるのか?の2点です。よろしくお願いします。


Re: 実用新案法11条2項について - 管理人
2010/05/12 (Wed) 23:10:49
調べてみましたが分かりませんでしたので、私見を述べます。
①については、実用新案登録出願は無審査ですので、原則として出願人間の協議はなされないと思われます。

②については、少なくとも実用新案登録されている状態では協議命令が出されないと思われます。
そして、①について述べたように、実用新案登録出願人には原則として協議命令が出されないと思われますので、結局、原則として協議命令が出されることはないと思われます。

例外的に、両出願に実用新案技術評価の請求がなされている場合は、正確な評価のために協議命令が出される可能性もあると思われます。
しかし、これも予想に過ぎないので、結局正確なところは分かりません。

なお、どなたか根拠を含めてご存じの方がいらっしゃればご連絡下さい。
何らかのお礼をさせて頂きます。

【関連記事】
「過誤登録時の先願」

本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「商標法65条の7」です。


管理人応援のために↓クリックお願いします。
  にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
 弁理士ブログランキング
  
 ブログ王ランキング


↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 実用新案登録出願への協議命令 実用新案 弁理士試験

最新記事
ブログ村ランキング
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第20版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事