FC2ブログ

課題を解決する手段に何を記載するか? (2010.04.28)

課題を解決する手段に何を記載するか?

止場(経営の視点から考える「知財発想法」)

土生先生のブログです。

『止揚』については、是非リンク先をご覧頂きたいのですが、
今回ご紹介したい部分は別の所です。

というわけで、明細書の「課題を解決する手段」の話。
ここにクレームをコピーして記載するか?
それとも、発明の要約を記載するのか?
という議論があります。
私は、コピー派なのですが、

コピーの問題として、
重複する記載を課金対象とる点にあるとの前提で、
土生先生曰く
「要するに課金の仕方に疑いが生じることが問題なわけだから、クレームのコピーも発明のエッセンスも両方記載した上で、クレームのコピー相当分の課金方法を合理的に調整すれば、両者を肯定し、包含し、統合し、超越することができる」〔引用ママ〕
とのこと。

・・・が、
私の意見はちょっと違いまして、
もちろん、発明の要約を記載するのも良いのですが、
そもそも、クレームは過不足無く記載されているのに、
なぜ、更なる要約が可能なのか?
ということなんです。

もっと言えば、必須構成要素や本質的部分の自認につながるだろうと、
危機感を持つのです。
当然、それらを正しく判断して記載していれば問題ないのですが、
この判断は難しいですし、
時代と共に変化する可能性もあります。

というわけで、
「過不足ないクレームを作成し、
そのコピーを一つだけ記載する。」
というのが、私の考えです。

【関連記事】
発明のポイントを聞く

本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「商標法64条」です。


管理人応援のために↓クリックお願いします。
  にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
 弁理士ブログランキング
  
 ブログ王ランキング


↓弁理士試験ならLECオンライン↓  Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 知っておいて損はない!! - ジャンル : ビジネス

tag : 課題を解決する手段に何を記載するか? 弁理士 特許

最新記事
ブログ村ランキング
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第20版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事