FC2ブログ

弁理士試験-H20問4枝(ハ) (2010.04.07)

H20問4枝(ハ)

参加について - BOND
2010/04/06 (Tue) 09:29:37
平成20年問題4の(ハ)ついての質問です。
「査定系、当事者系両方の審判について、審判長は当事者、参加人を審尋できる。」という問題で、解答は、特許法134条4項を、161条、166条で適用除外していないから
正解ということです。しかし、参加制度については、148条、149条が161条、166条で適用除外されており、
査定系審判では、参加制度がそもそも採用されていないから、問題文の参加人を審尋できるというくだりは誤りなのではないでしょうか。この問題を正解と考えるためにはどのような解釈をすればいいのでしょうか。


Re: 参加について - 管理人
2010/04/06 (Tue) 21:24:07
はい、確かにそうですね。
まぁ、でも他の枝からして、この枝は○にするしかないです。
結構出る問題なので、これはこういう聞き方をする問題なのだと考えるしかないでしょう。

なお、上で述べたように実際はBONDさんがおっしゃるとおりです。
しかし、出題者が聞きたい所は、準用する特134条4項ですので、条文レベルの解答が求められているのでしょう。

【関連記事】
「補助参加人と中止」

本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「商標法55条」です。


管理人応援のために↓クリックお願いします。
  にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
 弁理士ブログランキング
  
 ブログ王ランキング


↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : H20問4枝(ハ) 特許 弁理士試験

最新記事
ブログ村ランキング
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第20版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事