弁理士試験-明定の意味 (2009.09.30)

明定の意味
なお、本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
ご質問は「独学の弁理士講座BBS」でお願いします。

明定 - sin
2009/09/30 (Wed) 09:11:55
おはようございます。

かなり基本的な質問なのですが、特許法46条の6(優先審査)青本P173の2行目に「明定することによって一般人の理解を…」と書いてあるのですが、↓のサイトで「明定」は「めいてい」と読むことがわかったのですが、広辞苑やネットで「めいてい」で調べても意味が解らなかったのです。この読みは「めいてい」で意味は字の通り「明らかに定める」の意味で良いのでしょうか?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1112614231


Re: 明定 - 管理人
2009/09/30 (Wed) 12:41:51
「明定」の読みは「めいてい」で、意味は字の通り「明らかに定める」の意味です。
なお、優先審査は特48条の6になります。

【関連記事】
将来効の意味
読み方と意味
読み方と意味


管理人応援のために↓クリックお願いします。
  にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ ←本日6位です。ご協力お願いします!
 弁理ブログランキング
   ←首位奪還!ご協力ありがとうございます!
 ブログ王ランキング



↓弁理士試験ならLECオンライン↓

弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 明定の意味 弁理士試験

弁理士試験-口述について (2009.09.29)

口述について
なお、本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
ご質問は「独学の弁理士講座BBS」でお願いします。

口述について - 倭猿
2009/09/28 (Mon) 14:53:19
管理人様

おかげさまで、論文試験合格できました。
あとわずかで口述試験です。
とりあえず受験機関の模試を来週2箇所受けます。
そして、口述の過去問を潰します。
そして、その後で青本の読み込みをしようかと思ってます。

他にすべきことは、ありますでしょうか?
また、口述の過去問潰しに費やす時間の比率は、青本の読み込みの時間に対してどの程度にするのがよろしいでしょうか?


Re: 口述について - 管理人
2009/09/29 (Tue) 12:20:58
論文合格おめでとうございます!
弊サイトの利用者様から合格者がでると、大変嬉しいですね。
あと少しですので、体調にお気をつけて頑張って下さい。

さて、勉強法について。
まずは、弊サイトの「口述試験勉強法」と、(http://benrishikoza.web.fc2.com/taisaku.html#kojutu)
「弁理士試験の口述試験」をご覧下さい。
(http://benrishikoza.web.fc2.com/kouzyutu.html)

また、倭猿さんにアドバイスするとすれば、まずは、模試を後2回ほど受けることをお勧めします。
地理的に難しいのかもしれませんが、最低でも4回ほど受けるのが効果的だと思います。

また、口述の過去問については、効果確認という位置付けが良いと思います。
そのため、青本+条文の読み込みをした後に、過去問の対応箇所をやるのが良いでしょう。
この場合のポイントは、頭で考えるだけでなく、考えた答えを実際に「口に出す」ということです。
実際にやってみるとわかりますが、相手に伝わるように回答するというのは、意外と難しいものです。

また、過去問潰しに費やす時間の比率は、私ならば青本の読み込みの時間に対して3/1~4/1だと思います。
過去問をやるよりも、読み込みをする方が大事です。

最後に、他にすべきこととしては、「条文の暗記」と「声だし」です。
特に、人前で話すのが苦手であれば、声を出して回答する練習も十分に行って下さい。

【関連記事】
口述試験の勉強法
口述試験の勉強


管理人応援のために↓クリックお願いします。
  にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ ←本日5位です。ご協力お願いします!
 弁理ブログランキング
   ←首位奪還!ご協力ありがとうございます!
 ブログ王ランキング



↓弁理士試験ならLECオンライン↓

弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 口述について 弁理士試験

弁理士試験-青本分冊 (2009.09.29)

レジュメの誤記
なお、本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
ご質問は「独学の弁理士講座BBS」でお願いします。

青本分冊の件 - taro
2009/09/28 (Mon) 13:03:35
はじめまして。最近弁理士の仕事に興味を持ち始め、勉強しているtaroと申します。こちらのホームページに「青本を、特許法、実用新案法、意匠法、商標法の4つに分割して、製本テープ等で分冊すると持ち歩きに便利です。」とあったのですが、どうしても分冊の仕方がわかりません。誠に勝手な質問だと思うのですが、ご回答お願いいたします。


Re: 青本分冊の件 - 管理人
2009/09/29 (Tue) 11:59:02
分冊というのは、一冊の本を複数に分けることをいいます。
具体的な作り方は以下の通りです。

材料
青本:1冊
製本テープ:適量
(製本テープは文具店に置いてありますが、幅広のものを使用する方が良いです。)

①青本の表皮(表紙)、背皮(背表紙)、裏皮(裏表紙)を剥がします。
②表皮等を剥がした青本を、特許、実用新案、意匠、商標の4枚に分けます。
このとき、序説や付則、4法の部分は使用しませんので、取り除きます。
③4枚におろした特許、実用新案、意匠、商標のそれぞれについて、背表紙部分に製本テープを貼り付けます。
このとき、各法の表紙と裏表紙を作成すると、より見栄えがよくなります。
④出来上がりです。

これで分からなければ、もう一度質問してください。


管理人応援のために↓クリックお願いします。
  にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ ←本日5位です。ご協力お願いします!
 弁理ブログランキング
   ←首位奪還!ご協力ありがとうございます!
 ブログ王ランキング



↓弁理士試験ならLECオンライン↓

弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 青本 分冊 弁理士試験

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事