FC2ブログ

先出願による通常実施権と創作容易性 (2009.05.26)

先出願による通常実施権と創作容易性に関する質問
なお、本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
ご質問は「独学の弁理士講座BBS」でお願いします。

意29条の2(先出願による通常実施権)について - たぬき
2009/05/25 (Mon) 17:01:29
意29条の2第2号において、何故、意3条1項各号の一(新規性欠如)に限定しているのでしょうか?意3条2項(創作容易性)により拒絶査定又は拒絶審決となった場合にも、「先出願による通常実施権」を認めてもいいと思うのですが、それを認めないのは、どんな理由によるものなのでしょうか?どうぞご教示の程、よろしくお願いいたします。


Re: 意29条の2(先出願による通常実施権)について - 倭猿
2009/05/25 (Mon) 18:28:37
まったくおっしゃる通りだと思います。
理由は無いんじゃないでしょうか?
特許庁もそのことには気づいているはずです。
だから、改正本、青本で「客観的に3条1項各号の一」なんて意味不明な解説をしているわけです。


Re: 意29条の2(先出願による通常実施権)について - 管理人
2009/05/26 (Tue) 14:43:09
たぬきさん
ご質問ありがとうございます。
倭猿さん
ご回答ありがとうございます。

正確な理由は分かりませんが、私見ですが、意29条の2が例外規定なので広く認めるべきではないからだと考えています。
他には、公知意匠に類似する意匠の範囲よりも、進歩性不備とされる意匠の範囲の方が広いと考えられる所、そのように広い範囲内では、自己の(拒絶された)出願意匠に類似する後願意匠の登録がありうることを当然に予測すべきである。
(つまり、他人の許諾を得ることなく実施可能とは言えない)
と、考えることもできるかもしれません。


Re: 意29条の2(先出願による通常実施権)について - たぬき
2009/05/26 (Tue) 15:08:49
倭猿さん
管理人さん
ご回答ありがとうございました。

↓記事が面白かったら押して下さい↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ 

 ↓弁理士試験ならLECオンライン↓

弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 先出願による通常実施権と創作容易性 弁理士試験

無効審判棄却審決に対する単独提訴 (2009.05.26)

無効審判棄却審決に対する単独提訴に関する質問
なお、本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
ご質問は「独学の弁理士講座BBS」でお願いします。

無題 - 99
2009/05/25 (Mon) 15:36:38
共同で行った無効審判の請求の棄却審決にたいする、審決取り消し訴訟は共同でなくてもよいのでしょうか?
その場合の根拠を教えてください。


Re: 無題 - 倭猿
2009/05/25 (Mon) 21:51:52
平成11or12年の最高裁だったと思います。
結論は単独で訴訟定期可。
理由は、それまでの審判手続きを無駄にしないため。

うろ覚えですいません。
どなたかフォロー願います。


Re: 無題 - 管理人

2009/05/26 (Tue) 12:20:01
99さん
ご質問ありがとうございます。
倭猿さん
ご回答ありがとうございます。

まず、短答試験用レジュメをお持ちなら、特178条の解説をご覧下さい。
(http://benrishikoza.web.fc2.com/sample/sample.html)
一言で言うなら、無効審決取消訴訟は類似必要的共同訴訟だからです。
つまり、特許権の消滅を防ぐ保存行為に当たるので、共有者の1人が単独でもすることができるのです。
なお、各共有者が共同して又は各別に取消訴訟を提起した場合には、これらの訴訟は類似必要的共同訴訟に当たるので併合の上審理判断され、合一確定の要請が充たされます。

根拠は、平成13(行ヒ)154,平成13(行ヒ)12,平成13(行ヒ)142等の最高裁判例です。 


Re: 無題 - 倭猿
2009/05/26 (Tue) 13:48:26
管理人様

それは、認容審決(無効審決)に対する取消訴訟の場合です。

調べてみましたところ、特許判例百選(第3版)のP.118ですね。最高裁平成12年2月18日の判決(最高裁のHPに無いような気がします)。

結論は単独で訴訟提起可。
理由は、それを禁止する理由がないから(一事不再理の判例を根拠にしてるようです)。

理由については、昨日私が書いたように覚えていたんですが、、、、それらしき記載がなく戸惑っております。


Re: 無題 - 管理人
2009/05/26 (Tue) 14:41:46
おぉっと。
よく読んでなかったようですね、すみません。
弊サイトの短答試験用レジュメならば、特178条2項の解説に書いてあります。

つまり、共同請求に係る特許無効審判については、審決の取消しを求める訴えを、無効審判の請求人全員が共同提起することを要すると解すべき理由がありません。
よって、当該無効審判請求人の一部の者は単独で審決取消訴訟を提起することができます。

根拠は、倭猿さんがおっしゃる通り、最高裁H12年2月18日の判決です。

↓記事が面白かったら押して下さい↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ 

 ↓弁理士試験ならLECオンライン↓

弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 無効審判棄却審決に対する単独提訴 弁理士試験

参考書・基本書のページのリンク (2009.05.26)

参考書・基本書のページのリンクに関する質問
なお、本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
ご質問は「独学の弁理士講座BBS」でお願いします。

無題 - sin
2009/05/26 (Tue) 07:42:45
管理人様いつもお世話になっております。

参考書・基本書のページの意匠法及び商標法の審査基準の項目の「こちらから」からダウンロードしようとすると、「エラー: このリンクは無効です。」と出ます。

何故ダウンロードできないのでしょうか?

それと、レジュメは来年弁理士試験を受けるとするといつ頃に買ったらよいのでしょうか?今すぐに買うと来年度には、また買い直さないといけないということは有るのでしょうか?


Re: 無題 - 管理人
2009/05/26 (Tue) 11:38:22
sinさん
ご指摘ありがとうございます。

リンク先が死んでいたようですので直しました。(http://benrishikoza.web.fc2.com/sankousho.html)
もう一度お試し下さい。

また、レジュメについては直ぐ買ってください。
今年は大きな改正は予定されていないです。

↓記事が面白かったら押して下さい↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ 

 ↓弁理士試験ならLECオンライン↓

弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 弁理士試験

最新記事
ブログ村ランキング
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第20版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事