FC2ブログ

H20年問い47枝4 (2009.05.21)

H20年問い47枝4に関する質問
なお、本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
ご質問は「独学の弁理士講座BBS」でお願いします。

H20の過去問47-枝4について - はせ
2009/05/21 (Thu) 17:03:05
質問です・・・弁理士試験勉強中なので、あまり自信がないのですが。
平成20年過去問47の枝4について。
解答には、商標取り消し審判は商56条で規定する特167条に規定されていないので一事不再理はないから。ということになってますが、取消審判は一事不再理の適用があるのでは。この枝の場合、審判取下げで審決が確定していないから、同一証拠同一事実で審判請求できる、ということなのではないのでしょうか?

もし、自分の考えが間違っているようでしたら、どなたか、教えていただけますとうれしいです。


Re: H20の過去問47-枝4について - 管理人
2009/05/21 (Thu) 18:45:05
はせさん
ご指摘ありがとうございます。

ご指摘の箇所は、弊サイトの過去問のページになります。
(http://benrishikoza.web.fc2.com/kakomon/H20toi47.html)
結論から言うと、弊サイトの解答が間違っておりますので、お詫びして訂正いたします。

具体的には、「商56条で準用する特167条参照。商標登録の取消審判は規定されていないので、再度、同一の事実及び同一の証拠に基づいて審判請求できる。」と解答には記載しておりました。

しかし、審判便覧には「商標登録取消審判の確定審決(商56)の登録があったときは、何人も同一審判を請求できない」とあります。
(http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/pdf/sinpan_binran/30-02.pdf)
よって、上記解答は誤りです。

正解は、はせさんがご指摘するように、「審判取下げで審決が確定していないから、同一証拠同一事実で審判請求できる」となります。
つまり、審判の請求が取り下げられているので(準特155条1項)、審決は確定しておらず、審決確定前(確定審決の登録前)であるので、一事不再理効が発生しない(準特167条)、ということです。


Re: H20の過去問47-枝4について - はせ
2009/05/21 (Thu) 18:48:10
管理人様

早速のご返信、ありがとうございます。
過去問についての解説をいただき、大変参考になりました。

↓記事が面白かったら押して下さい↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ 

 ↓弁理士試験ならLECオンライン↓

弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : H20年問い47枝4 弁理士試験

弁理士試験と英語の勉強 (2009.05.21)

弁理士試験と英語の勉強に関する質問
なお、本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
ご質問は「独学の弁理士講座BBS」でお願いします。

英語と弁理士試験 - sin
2009/05/21 (Thu) 15:58:52
こんにちは。

弁理士試験に受かって英語の勉強をするか?

英語で英検2級や英検準1級やTOEICなどを取ってから弁理士の勉強を始めるか?30代前半なので悩んでいます。

出来れば英語を使った弁理士の仕事がしたいのです。

皆さんならどちらを先に勉強しますか?

ちなみに、私は去年の2月頃に英検準2級を取っているのですが、今も英検準2級のPass単熟語の最後の方をやっています。


Re: 英語と弁理士試験 - 管理人
2009/05/21 (Thu) 18:30:11
sinさま
ご質問ありがとうございます。

私は、弁理士試験の勉強が先だと思います。
理由は、以下の通りです。
①英検準2級程度でも、かろうじて実務ができる。
②英検等の資格を有しているからといって、英文明細書を読めるわけではない。
③仕事をしながらでも、十分英語を勉強できる。


Re: 英語と弁理士試験 - sin
2009/05/21 (Thu) 18:41:08
管理人様返信ありがとうございます。

おかげで、迷いなく弁理士試験に集中できます。

↓記事が面白かったら押して下さい↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ 

 ↓弁理士試験ならLECオンライン↓

弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 弁理士試験と英語の勉強 弁理士試験

画像を含む部分意匠の位置等 (2009.05.21)

画像を含む部分意匠の位置等に関する質問
なお、本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
ご質問は「独学の弁理士講座BBS」でお願いします。

画面表示の部分意匠 - 倭猿
2009/05/21 (Thu) 12:39:03
画面表示の部分意匠について質問があります。

ディスプレイが物品とは別体の場合の「意匠登録を受けようとする部分が占める位置、大きさ、範囲」は、ディスプレイの画面範囲を基準とするんですよね?おそらく。。


Re: 画面表示の部分意匠 - 管理人
2009/05/21 (Thu) 14:46:56
倭猿さん
ご質問ありがとうございます。

意匠審査基準「意匠法第2条第2項に規定する画像を含む意匠」の11頁をご覧下さい。(http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/pdf/h18_isyou_kijun/07_04.pdf)
ここには、「物品と一体として用いられる物品に表示される「画像」を含む意匠を部分意匠として意匠登録出願する場合であって、画像を意匠登録を受けようとする部分にするときは、当該物品と一体として用いられる物品に対する意匠登録を受けようとする部分の位置、大きさ、範囲は評価しない。」と記載されています。

よって、ディスプレイが物品とは別体の場合、「意匠登録を受けようとする部分が占める位置、大きさ、範囲」は、評価されません。


Re: 画面表示の部分意匠 - 倭猿
2009/05/21 (Thu) 17:08:57
管理人様

ありがとうございます。
類似(3条1項3号)の判断につきましても同様のことが書いてありますね(14ページ)。当方のチェック漏れでした。

しかし、ホントにそのような理解で正しいのが疑問が残ります。
たとえば、表示されるボタン部分が画面いっぱいの大きさのときと小さいボタンの場合では美感が大きく違うと思われるからです。

いくら審査基準に載っているとはいえ、論文でこの基準を書くのは勇気が要ります。また、書かないのも勇気が要りますね。


Re: 画面表示の部分意匠 - 管理人
2009/05/21 (Thu) 19:01:26
>表示されるボタン部分が画面いっぱいの大きさのときと小さいボタンの場合では美感が大きく違うと思われるからです。

仮にテレビ画面いっぱいの大きさのボタン部分が公知だとして、大スクリーンに投影したら画面いっぱいの大きさにはならないかもしれません。
このように、使用するディスプレイのサイズや余白によって類似範囲が変動するのは好ましくないので、止むを得ない運用だと思います。
ただ、ご指摘の場合は、位置等を評価せずに非類似と判断するのかもしれませんね。

>論文でこの基準を書くのは勇気が要ります。また、書かないのも勇気が要りますね。

現状の試験レベルを考えると、これを書かせる問題がでる可能性は低いと思います。
改正本にも載ってないですからね。


Re: 画面表示の部分意匠 - 倭猿
2009/05/21 (Thu) 21:39:57
管理人様

ありがとうございます。
理解が深まりました。
確かに、別体ディスプレイでどんな大きさ、位置にでも表示できてしまう場合には現行の審査基準の考え方では対応できないですね。

今回得られた知識に基づいて、事案に応じて対応する準備をしようと思います。
ありがとうございます。

↓記事が面白かったら押して下さい↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ 

 ↓弁理士試験ならLECオンライン↓

弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 画像を含む部分意匠の位置等 弁理士試験

最新記事
ブログ村ランキング
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第20版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事