FC2ブログ

独米特許審査ハイウェイ試行開始 (2009.05.08)

独米特許審査ハイウェイ試行開始の話。
なお、本日の本室更新は「改正商標法13条の2」です。

“ドイツ米特許審査ハイウェイ試行開始(JETRO)

ドイツ米特許審査ハイウェイが試行開始されるそうです。
試行は4月27日よりとのこと。

ところで、日本とアメリカのハイウェイが開始されてから数年。
加速度的に、ハイウェイの網が広がっていますね。
この状況で、弁理士の将来を憂慮するのは早いでしょうか?

↓記事が面白かったら押して下さい↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ 

 ↓弁理士試験ならLECオンライン↓

弁理士サイトはこちら

テーマ : 経済・社会 - ジャンル : ニュース

tag : ドイツ米特許審査ハイウェイ試行開始

審判長による当事者等の審尋 (2009.05.08)

審判長による当事者等の審尋に関する質問
なお、本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
ご質問は「独学の弁理士講座BBS」でお願いします。

H20-4 ハについて - suzuka2009
2009/05/05 (Tue) 23:06:39
(ハ) 拒絶査定不服審判、特許無効審判、延長登録無効審判及び訂正審判並びにこ
れら審判の確定審決に対する再審の、いずれの審理においても、審判長は、当
事者及び参加人を審尋することができる。」とありますが、
査定系審判では、参加規定は準用されていないため、参加のある場合とはどのような事態を想定しているのでしょうか?
問題文は、当事者または参加人とせず、及びとなっていますので、×の回答が正しいように思えるのですが、161条は当事者を予定していて、参加人は予定していないように規定されています。回答は、○となっています。
なお、回答については、管理人様のみお願いします。他の方の回答は書き込まないでください。


Re: H20-4 ハについて - 管理人
2009/05/07 (Thu) 23:53:46
suzuka2009さん
ご質問ありがとうございます。

質問を見落としていました。
遅くなりまして申し訳ございません。
さて、本枝では査定系審判の参加を考慮していないものと思われます。
例えば拒絶査定不服審判については、参加人を除外して考えているのです。
よって、回答は○でよいと思います。
もし問題集等で、×にしているものがありましたら、当方で確認させていただきます。

なお、suzuka2009がおっしゃるように、問題文の表現には正確でない部分もあります。
しかし、特174条では読み替えずに特134条4項を準用しており、深く考えすぎないほうが賢明と思われます。

↓記事が面白かったら押して下さい↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ 

 ↓弁理士試験ならLECオンライン↓

弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 弁理士試験 審判長による当事者等の審尋

最新記事
ブログ村ランキング
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第20版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事