弁理士試験-親出願で非適用の手続き (2017.05.23)

親出願で非適用の手続き

意10条の2③項、出願分割 - Lets'Go!
2017/04/27 (Thu) 16:39:22
第3項は、元の出願の時に出していた添付書類は、「分割出願で出さなくても、出願時(元出願)に出していたとみなしてあげます」という規定ですが、
条文では、「元出願で、それらの法効果の適用を受けたい旨を主張していなくて、分割出願の時に新たにそれらの適用を受けたい場合」に関しては、何も書いてませんが、これは、「そういうことはできません。認めません」という理解でよいでしょうか?
(なお、新喪例であれば、6月の期限内の分割出願ならば、提出擬制のようで、特44条4項に関しては、国優の場合は、期限内でもダメとのことですが、パリ優(の例を含み)はどうでしょうか?)


Re: 意10条の2③項、出願分割 - 管理人
2017/05/01 (Mon) 14:55:10
原則は、親出願のときに適用を受けていない手続きは、分割出願において適用を受けることができません。
しかし、期限内であれば、特許の分割出願においては、新規性喪失の例外の適用を受けることができます。
意匠も同様であると思われます。

また、特許出願を分割した後であっても、期間内であれば、原出願について国内・パリ優先権主張書面を提出することができることがあるため、原出願の出願時において優先権を主張していない場合であっても、分割出願で優先権を主張することができる場合はあります。
ただし、意匠法では特41条、特43条の3を準用していないので、このような事態は生じないかもしれません。


Re: 意10条の2③項、出願分割 - Lets'Go!
2017/05/01 (Mon) 15:33:55
ご回答ありがとうございました。
特許の場合は、親出願で理論的に6月という枠があるので、その範囲で親出願で新喪例の補正?ができるようになったので、分割出願も当然恩恵を受けられるでしょう。
という感じですが、「意匠は国優がなかった」点を忘れてました。
意15条を見ると、特43条の3は準用しているようです。従って、3月以内分割ならば上記理屈の類推でできる。という理解でよいでしょうか。


Re: 意10条の2③項、出願分割 - 管理人
2017/05/02 (Tue) 12:22:42
特許の場合は、親出願では、出願時に適用申請をしなかった新規性喪失の例外の適用は受けられません。
そもそも、そのような申請は補正ではないです。

分割出願は、平成23年に運用が代わって、分割出願の出願と同時に申請すれば適用を受けられるようになったものです。

あと、先の回答の「特43条の3」は、「特43条の2」の誤りでした。
なお、「意匠登録出願と同時」と読み替えられているので、3月以内分割でも分割出願で優先権を主張するのは難しいと思います。


Re: 意10条の2③項、出願分割 - Lets'Go!
2017/05/02 (Tue) 18:58:03
後から親出願で、新喪例の適用をするのではなく、
「分割出願だけ、6箇月以内ならば、やってもいいですよ」の点(特許だけ例外)、
意匠の分割出願でパリ優先権主張できないだろうという点、ご教示ありがとうございました。


【関連記事】
「分割出願における新規性喪失の例外の適用」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「受験機関を選ぼう」です。


テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

弁理士試験-意3条の2と特29条の2 (2017.05.22)

意3条の2と特29条の2

意3条の2、特29条の2 - Lets'Go!
2017/04/27 (Thu) 17:47:49
「意3条の2の「一部」は、「全体」は含まない。全体に関しては、意9条1項で処理される」
「意匠に特29条の2のような規定がないのは、意匠では、何らかの権利が認められる範囲が「意匠」そのもので1種類で、特許のように「特許請求の範囲」「明細書、図面」と2種類ではないので、9条2項の先後願で処理すればよく、特29条の2のような問題としてあえて「準公知」的な権利を認めるとすると、意3条の2の処理となる」
というような理解でよいでしょうか?
(特29条の2と意3条の2の理解を統一的に行う視点での質問です)


Re: 意3条の2、特29条の2 - 管理人
2017/05/01 (Mon) 15:00:21
質問の意味が分かりませんが、展開図、断面図、切断部端面図、拡大図、斜視図その他必要な図、部分意匠におけるその他の部分を含む物品全体の形態を表している一組の図面、組物の意匠における構成物品のそれぞれの一組の図面、構成物品と同時に使用されるものの一組の図面、あるいは構成物品を組み合わせた状態の一組の図面も、意3条の2の開示意匠の対象となります。


Re: 意3条の2、特29条の2 - Lets'Go!
2017/05/01 (Mon) 16:01:07
ご回答ありがとうございます。
特29条の2は、特許請求の範囲に記載がある「先願」そのものと同一の場合にも、適用がありますが、意3条の2の場合は、「それは、一部ではない。全体だ」で適用がないと理解します(数学における集合の概念とは違う点。数学では「a,b,cが全体集合ならば、a,b,cは部分集合の一つでもある」と理解したためです)
意匠は、何らかの権利を主張できる範囲・対象が一つですが、特許は、「特許請求の範囲」「明・請・図」と2種類ある点で差が出ていると考えます。


Re: 意3条の2、特29条の2 - 管理人
2017/05/02 (Tue) 12:16:07
何が正解とも言えませんが、私の理解では、意匠の一部が意匠の全体に類似しないという、意匠の特性に起因すると考えます。
一部であっても全体であっても「同一」と判断できる発明と、一部にすぎない場合には「非類似」となる意匠との違いです。

【関連記事】
「意3条の2と分割出願」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「受験機関を選ぼう」です。


テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

弁理士試験の短答試験のボーダー(基準点)の推移 (2017.05.22)

弁理士試験の短答試験のボーダー(基準点)の推移

短答試験を受験された皆様、
お疲れ様でした。
参考のために、過去のボーダー(基準点)をご紹介します。
この結果によれば、40点取れればまず大丈夫・・・だと思います。
なお、科目別足切が導入されましたので、そちらの方にも注意が必要です。

まずはゆっくり休んで、
休んでいた家族サービスもして、
それから、論文試験に備えてください。

平成14年:40点
平成15年:36点
平成16年:39点
平成17年:41点
平成18年:37点
平成19年:39点
平成20年:39点
平成21年:37点
平成22年:39点
平成23年:39点
平成24年:37点
平成25年:39点
平成26年:39点
平成27年:39点
平成28年:39点(科目別:特実8点、意匠4点、商標4点、条約4点、著作不競4点)

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「受験機関を選ぼう」です。


テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事